BLUE CABIN石垣島 2017年1月現在

「 青リンゴ 」ではなくて、あれはハッキリくっきり「 緑リンゴ 」だと思う「石垣島チャンネル」管理人イマダでございます。 皆様おはようございます。

ぐりーんあぽぉぅー ですからね。

さて今日も石垣島情報をUPしていきますぞ!


記事内容はOPEN当時のものですが、最下部に2017年1月現在の内容を加筆しております。

2016/10/15 キャビン型個室ホテルがOPEN!

普通の感じじゃなかったので OPEN初日にいってきましたよ。

ブルーキャビン石垣島

石垣島 BLUECABIN

ざっと 注目ポイントを。

・離島ターミナルにとっても近い!

・石垣島の中心街、730交差点のすぐそば

・ショッピングや居酒屋等へのアクセスも便利すぎる

・朝食つき、厨房やシェフが超本格的!

・ディナーもOK、Barも雰囲気いい♪

・個室のようでドアではない

・ゲストハウスのようで、そうでもない

なにかと新しい感覚のホテルなので くわしく見てみましょう。

石垣島 ブルーキャビン

宿泊者以外もOK 1階部

オープンテラス & できたてパン屋 & レストラン & Bar

できたてパン屋 というのは 「パン屋さんが出来立て!」 という意味ではないんですが、

でも今回はOPEN直後なので パン屋さんができたて! も正解ですね、

そうなると できたてホテル というのも正解なわけで、 えっとつまりその、えぇと、

さて、

1階部分をくわしく見てみましょう。

s-dsc_5341

メイン通り沿いテラスから入ります。

左側がパン屋さん。 デザイナーが素敵に設計された感が伝わってきます。

s-dsc_5343

いろんなパンがありました。

s-dsc_5346

そんなに高くもなく、お手頃なのに本格派。

s-dsc_5344

ずどーーんと 奥に進むこともできます もちろん進まないこともできます。

s-dsc_5347

キッチンで働く職人さんたちの姿。

こういうのすきですね。 伝わってくるものって大事です。

s-dsc_5348
デリあり。

デリ とは ドイツ語のDelikatessen(デリカテッセン) つまり西洋風惣菜 のことですね。

(まちがっても  ケントデリカット さんのことではないので要注意です)

お惣菜&パン をチョイスしてランチすることができます。

デリはこんな感じ ↓

s-dsc_5351

いろいろな料理が日替わりするそうです。

サラダ的な種類のメニュー表記「COLDデリ」 がこの写真。

そして

s-dsc_5350

こちらが HOTデリ ですね。 ↑ ↓

s-dsc_5349

おいしそーだー

ランチの内容は

COLDデリ2品 + HOTデリ1品 + パンorライス = ¥800

COLDデリ1品 + HOTデリ2品 + パンorライス = ¥900

COLDデリ2品 + HOTデリ2品 + パンorライス = ¥1000

お味噌汁やスープは各¥200

↑ 11:30~17:00 のメニューだそうですよ。

s-dsc_5352

パンはこちらから 2個(だったかな)選びます。

ちなみにライスは、電子ジャーの中から、どの粒でもお選びいただけます というわけではありません。 きまった量をよそってくれます。

え? あたりまえじゃないかって?   あ、これは失礼しました。

s-dsc_5354

驚いたのはこの本格すぎる厨房!

職人さんの作ってる姿が間近で見れちゃうんです。

目があうと、少し はにかんでくれる人がいたりするのも、なんだか心があたたまります。

あなたもお気に入りのハニカミシェフをみつけてください。

s-dsc_5356

コップも ウォーターサーバーも 素敵。

s-dsc_5357

見ながらたべたいですけど、そういう席はないです。

BLUECABIN

通路奥はテーブルがたくさん!

逆光で写ってませんが、旧港のヤシたくさんな南国情緒を感じられる大きな窓。

そして外には喫煙可能なオープンテラスが4卓あり。

ブルーキャビン

写真では伝わりにくいですが、この空間は広くて落ち着いた雰囲気。

こちら側の道は交通量が少ないので、テラス利用ならこっちがオススメ。

海や船もみえます。

 いい感じ。 またきたくなる。

朝食提供のカフェがなかった石垣島に

6:30~23:00 長時間OPENは なんとも魅力的

しかも本格キッチンで雰囲気がいい

夜はBarの利用もしてみたい。

宿泊者は朝食無料 宿泊者以外は1200円で利用可。

130席以上あるので混雑はしないと思う。

部屋 = キャビン

ブルーキャビン 石垣島

あくまで簡易宿泊施設です

大の字になれません。 CABINの名のとおり。

部屋での居心地より立地条件を活かした石垣島の街滞在を満喫するため。

「部屋は眠るだけ、宿代は安価にしたい」人には最適

男女で階層が別々。

ゲストハウスとビジネスホテルの中間のような新しい種類。


2017 1月現在の内容は、

ブルーカフェ石垣島
朝食 6:30~10:00
ランチ10:00~18:00

もう夜の営業をやっていないとのことでした。

OPEN当時に多過ぎるほどいた料理人や従業員が今は少なくなっており。

06:30~18:00の営業のみ

06:30~10:00に モーニングメニューが追加されました。

モーニング 500円
パン1種選択+サラダ&デリの1皿+HOTコーヒー飲み放題

さすがに 宿泊者以外は朝食1200円 は高すぎたのでしょうか?

ランチでもHOTコーヒーが飲み放題でした。

担当さんにいろいろお話ききましたが、ちょっと営業がしんどそうでしたよ。

「夜の営業もいつ再開するかもメドがついていないのです」 と曇りな表情。

んー。やはりちょっと高いイメージがついちゃったのですかね、

確かに、こだわりの料理で800円ランチはわかるのですが、満腹にはならないので利用する層が少ないのが現実のようです。

また変更があれば更新いたしますね♪


BLUE CABIN 石垣島 (ブルーキャビン イシガキジマ)
https://bluecabin-ishigakijima.jp/

〒907-0012
沖縄県石垣市美崎町2-6
TEL:0980-82-5222
年中無休

Free Wi-Fiあり

キャパ200台のコインパーキングがすぐ近くにあります

満車で困らないために 駐車場案内

↑ こちらの記事の⑤での表示。 八島第2駐車場が最寄り。

きょうも最後までおつきあい ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアしちゃう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしちゃう♪

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)