石垣島旅行レンタカーでトラブル対処あるある

人生にトラブルがない人はいない!  適切な対処と予防とコツがあるだけだ!

知っておくとトラブルにもすぐ対応できる方法がある! 頼もしい男! デキるお父さん! 素敵な彼ちゃま!  そう、いかなる状況にも迅速に対処する姿こそが男が輝く場面でもあるのだ!

石垣島でレンタカーを借りるあるある話は現在執筆中だが、今回は事故しちゃったらいったいぜんたいどうなるのよ。 そんな疑問を解決していこう。

もちろん、トラブルはすぐお店に報告。 事故なら警察にもね。

2万?  5万?

レンタカー料金とは別に、破損させてしまったときに支払う料金がある。
それを ノンオペレーションチャージ(NOC) といって日本語では 「 休業補償 」。
レンタカー会社の主張としては、「事故した車は修理が必要で、その間商品になりませんから補ってください 」 というもの。  ホテルで例えるなら あなたが散らかし汚しひっくり返しで到底次のお客様を泊められない状態にしてしまったらそのお部屋は、、、ホテルで例えるのはやめておこう。

細かな設定は店舗にもよるがおおよそで説明してみます。

自走できる場合 2万円くらい

大きなキズ、ヘコミ。ミラー破損など、車両を店まで乗って帰れる状態。 ちなみにシートが破れたりタバコで焦がしたり なども含まれることがある。

自走できない。 5万円くらい

だいたい想像できるそこそこの事故です。 大学生など若いドライバーに多いとのこと。

全損  5割以上??

滅多にないらしいけれど、ないわけでもないらしい。 自損の全損なら満額とか!?
(ドライバー自身の保険内容にもよります)

なにかあったらすぐ報告しましょう

台風のときは??

暴風域に入りそうなら、事前に車を返却してもらう事が多いようです。  車が転がっちゃうほどのすごい風です。 興味本位でドライブされてなにかあってもお店は対処できないので、そうなる前に店舗で保管しておくことがお互いに無難なようです。

ホテルに缶詰め状態だもの。

パンクは?  スタックは?

パンクの場合、あるレンタカー会社は1000円。 「 スペアタイヤが車にありますので自分で修理してください 」と。
バーストのようなひどいパンクなら新品タイヤ代金が必要になることもあります。

運転技術に自信があるならスタックしても自力で抜け出せるかもしれません。 が、スタックさせちゃう人ほど焦ってハンドル切ったり空回りさせたり悪化させてしまいます。 ホイルを傷つけたりすると余計な出費がかさむので、JAFを呼ぶかレンタカー会社にヘルプしましょう。

にわかに信じがたいが

バンパーに 「少し目立つかな 」 程度の小傷でも損傷には間違いないので請求されてしまうことがある。  はっきり言うが 請求されないこともある。
次の話はそんなことは無いと信じたいが、知人の知人の実際の話。 その人はバンパーに傷をつけてしまった。大きな傷ではなかったが2万円請求されたので支払って内地に帰った。 島は狭いので住んでいる私は翌日そのレンタカーを見かけた。 傷は修理されずレンタルされていた。

バンパーの小傷を修理しなくてもレンタルはできる。 観光客は帰るから確認できない。 つまり小傷1つで2万円。 傷がたまったら一気に修理。 ということも不可能ではない。

業者が知人がどちらが悪いとかではなく、知人は足元を見られたんだと思う。
以前記事にした 足元をみられている話がハマった実例であるとも言える。
(役に立つので読んでおいてほしい↑)

まとめてみよう

ホームページではわからない、電話で店員や店の雰囲気を確認してみよう!

安すぎるお店もすこし考えものだ!

石垣島の旅行は楽しいけれど運転はいつも通り集中しよう!

心配症なら自分の保険を確認してレンタカーでの事故の場合を調べておこう!

今日も最後までお付きあいありがとう! 少しでもお役に立てたら幸いです!

すばらしい石垣島、八重山離島の旅を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアしちゃう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしちゃう♪

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)