勇ましい携帯CAT S60レビュー

皆様おはようございます、「石垣島チャンネル」管理人イマダでございます。

いかついスマホを手に入れました。

これがなかなか勇ましく楽しくイカツく、今風に言うなら、マジ卍なのです。

重機ブランドで有名なキャタピラー社の監修?開発?

よくわかんないけど、

DSC_0490

男なら見たことのあるあのロゴが入っております。

金さんの桜吹雪の次に有名なロゴです。

あ、水戸黄門の印籠の次に有名でもあります。

DSC_0491

重厚。 ずしりと重い。 とにかく頑丈なのが伝わってくる。

細かいスペックはグーグル先生にまかせて省略。

防水防塵、耐衝撃が国際規格のアレコレに準拠しているらしく水深5mもOK

DSC_0493

↑ ボリューム上下だけでこんなにもしっかり。

CAT S60

↑ 左側面には電源や充電、イヤホンなど。

過酷な現場の活躍を重視したデザイン。

180センチの高さから落としてもだいじょうV らしい。

くわしいスペックはこちら

グローブつけたままでもOK

とのこと。 さすが、現場や作業員のことを考えられていますね。

ということで、さっそく試してみました。

DSC_0485

ちょっと使いにくいかな。

あ、そうか

グローブが手に馴染んでないからかな、 きっとそうだな。

こっちならどうかな?

CAT S60

このグローブだと、もっと使いにくそうだ。

っていうか試合中(スパーリング中?)にケイタイ触るんかーい!

いや、そもそも「親子ボクシング」ってなにさ!

観戦できるDVなの?

冗談はさておき

かなり分厚い手袋を選んで試してみました。

DSC_0488

ストレスなくスイスイ使えます。

だから側面ボタンも大きいのかと納得。 指が大きくなるんだもんね。

押しやすくないと意味がないってわけね。

試しに、 シャープのSHシリーズ携帯だと、

CAT S60

まったく反応しない。 スワイプしすぎて画面にゴム跡がつく。

S60にはまったくゴム跡が付かない。

というのも、「ゴリラガラス4.0」というものが実装されているらしい。

ゴリラ?

「キツネっぽい猿」→ キツネザル

「ゴリラっぽいカラス(烏)」→ ゴリラガラス ??

カアー って鳴くの? ウホウホするの?

たしかにどっちも黒いけど!!

FLIRのサーマルカメラ実装

まずはこちらを。

CAT S60

温度計測ができてしまう。

フリアーシステムズ社とかいう有名な会社のよう。

背面にある、 黄色い○のレンズが

CAT S60

サーマルカメラ。  ちなみに、 持ちやすいようにリングつけました。

だって重いんだもの。

サーマルカメラが優秀

僕みたいなド素人に 優秀だとか言われる筋合いはないんだろうけどさ。

CAT S60 レビュー

沸騰中のケトル内を撮ってみると、ちゃんと100度超えてます。

泡もポコポコしてますし。

CAT S60

カップに移して、燻製で使う温度計で確認。

たしかに、 82度。  むむむ。優秀すぎる。

画面を赤とか青の色にしなくても温度は測れます。

でもこの画面のほうが、温度! って感じしません?

ほら。

CAT S60

昼間のアスファルトを撮影。 3月の石垣島。

椰子の影は青い  ということは、

CAT S60

温度差が!! 影は温度低くなってるぅ!

すごいよ!  ただ撮影しているだけで 地面の温度差がわかるなんて!

「わかったところでなんなのさ!」

これはいつも私が自問自答しています。

けっこう遊べるので、また続編を書きますね♪

今日も最後までお付き合い、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアしちゃう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしちゃう♪

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)