僕が石垣島でクラウドファンディングを始めた理由。

いきなりですが、問題です!

コロナウイルスが人類に、もたらしたものとは、なんでしょう?

みなさんこんにちは。

世間はコロナで大変という、喉元すぎている人もいれば
現在も渦中の人など悲喜交々(ヒキコモゴモ)あるとおもいます。

そんな中、私は
2021年4月16日からクラウドファンディングを開始しました。
離島のくらしを支えたい!

自分で200万掻き集めれば済む話を、

なぜクラウドファンディングなのか。
理由と理念をここに綴ります。

まずはプロローグ。

私は27才で竹富島に移住、牧場で仕事をし、行事にも参加させていただきました。

観光とは違った離島生活の魅力と現実を、肌で感じました。

音楽で語られ、踊りで残され、それらを人が紡いでいく。

決して観光用でなく、島の人が次の世代に残す、まるで遺伝子のように組み込まれた

美しい調和 だと感じます。 まだまだ言葉で語り尽くせません。

竹富島
八重山諸島は、このような「離島」こそ最大の魅力です。

素朴すぎる時間の流れや建造物や自然など、日本でもここだけにしかないものが溢れています。

きっかけにすぎない コロナウイルス

私は「コロナのおかげで」島の魅力を改めて思い知り

島に、地域に、恩返しをすることに決めました。

経済や商売を理由に、島を「利用する人」は数多くいますが
そんな中で、私のような異端な者が出てきてもいいんじゃないかと。
いや、むしろ、急激な変化の中にこそ、異端こそ環境への適応変化。
みなさん、よく考えてみてください。

本当に、よく  じっくりと、

コロナウイルスが本当にもたらしたものは、なんでしょう?
「人がどこまで『都合』を主張しているか」ではないでしょうか?

経済を理由にするヒトの言動はいろんな場面で見かけます。
今までの速度でまわらなくなった今、

調和と協調 が浮き彫りになってきていませんか?
わからない人は、コロナの影響が少ない人です。

沖縄が、小さな島が それぞれ紡いできた方法にヒントがありました。

ただの熱意だけではなくて、技術や仕組みや経験はあります。

なによりも、地域のことは地域みんなで助け合いたい。

すぐそばにある海

こんなおっさんは いやだ(鉄拳)

そしてそして、これが真実なのですが、

世のおっさんに権力的なチカラを与えると、ロクなことをしない(全員ではない)。

古今東西、犯罪のほとんどは男。 ブラック企業はおっさんの巣窟。

側近で注意しないヤツもおっさん、従う奴らもいずれはおっさん。

「俺は我慢したからお前らもヤレ」というのもおっさん。

おっさんはデフォルトでロクなことをしない。(全員ではない)
そんなおっさん化を防ぐため、みんなに約束するため、

新聞に顔をだして、意義を掲げて行動に出ました。

みんなも安心して監視できます。

https://camp-fire.jp/projects/view/410560

一生に1回、こんなまっすぐな野郎を信じてやるよ

って優しいみんなの支援をおまちしています。

事業メンバー

事業メンバー

かならず やりきります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアしちゃう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしちゃう♪

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)